ニックネームと本名の使い分け

多くの人は出会い系サイトでニックネームを使っており、本名で利用するという人はあまりいないと思います。
でも、名前だけは本名を登録しているという人は意外と多くいるようです。サイト上で何度もやり取りしているうちに親密さが深まってくると、もっとおたがいのことを知りたくなり本名を教えてしまうといった気持ちもわからなくはありません。

しかし思った以上に危険なことなので、よく考えて行動してください。

例えばフェイスブック利用者の場合、フェイスブックは設定によってはだれでも見られるようになっています。

本名で検索することにより、特定されて個人情報が知られるリスクがあります。日ごろから出会いが欲しいと呟いていたこともあり、取引先の人が、自分のために合コンを開いてくれたんです。ところが、初対面とは思えないほどの盛り上がりをみせたのですが、相手の連絡先は教えてもらえませんでした。

20代のような若さはもうなく、出会いのきっかけは合コンでないことがよく分かったのです。
同じテンションの相手を探すためにも出会い系サイトを利用するほうが手っ取り早そうです。最近はお酒の量も減り、無理に飲むのは辛いので、出会い系という選択に出会えてほっとしています。
出会い系で気になったプロフィールを元にひたすら女性にメールを送付しても反応が全くないこともよくある事です。

ですから思いもかけず返信メールが来ると驚いてそのお返しの言葉を全く考えていなくてうろたえてしまう人も少なくありません。とはいえ単純に返信をもらった嬉しさでセカンドメールにただただ自分のアピールばかりを書く事は良い印象を持たれないでしょう。単純に長さで勝負するのではなく、短くてもウイットに富んだ内容の方が相手の印象に残るでしょう。
会社にはときめくような異性が見つからないので、彼氏候補が見つかったらとわくわくしながら街コンへ申し込みました。

好みの相手がいたにもかかわらず、別の人と話していたり、無口でこちらから話してくれるのを待っているような人などもいて、また行く?と誘われたとしても返事はNOだと思います。
理想の相手と知り合うなら出会い系の方が良さそうですね。友達が先に登録したのですが、来週も好みの相手と会うらしく、会話の始め方などをレクチャーしてもらい、私も幸せを掴む予定です。

ネットが普及した昨今、人間関係をうまく築くためには、メールで相手に好意を得られるテクニックが必要です。

このことは出会い系にも当てはまり、男性のメール術が未熟だと、出会いをうまくいかせることは難しいでしょう。いきなりタメ口やなれなれしい言葉遣いは嫌がる女性が多いですし、しつこく会いたいという主張をすると嫌がる女性が大半でしょう。更に、相手の気持ちを考えない長文や返信に困るような内容は、すぐに関係が途絶えてしまうでしょう。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *